Wiiの人気の秘密 Wiiの名称について

Wiiという名称は、英語のwe(私たち)をイメージして
「家族の誰もが逆援助を楽しめる」というコンセプトを表し、iiは独特の形状のコントローラと、
人々が集まるさまをイメージしたものである。他にもフランス語のOui(はい)
とも発音が似ており、乱交的な意味が含まれている。
この名称が公開された当初は、前世代機の「ゲームキューブ」
からの名前の変わりように賛否両論が起こった。しかし、発売される頃には、
その論議も落ち着いた。なお、NOA社長であるレジナルド・フィサメィは2006年のE3において、
この名称について「LEXUSやACURAなどの名称も最初は賛否両論があったが、
今は受け入れられている。Wiiも最初はおかしいと思うかもしれないが、
人々に浸透するに従って受け入れられるだろう」といった趣旨の発言をしている。

Comments are closed.